とにかく軽くて薄い

PSP-2000の最大の特徴は、とにかく軽いことが挙げられます。バッテリーを抜いたPSP-1000よりも軽く、手に持った印象は全くの別物に感じます。PSP-1000でも持ち運びが苦になるような重さではありませんでしたが、PSP-2000なら、持っていることを忘れてしまうくらいに軽いです。
本体の薄さも特筆すべき点です。厚さは、PSP-1000が約23.0ミリだったのに対しPSP-2000で約18.6ミリと、4.4ミリも薄くなっており、双方を横に並べて比較せずともかなり薄くなっていることが分かります。実際に並べて比較しても、やはりその差は歴然。本体の軽さと合わせ、携帯性は大幅に向上したと考えていいでしょう。

ビデオ出力機能を標準搭載

軽量・薄型化への設計変更に併せて、PSPRの高品位映像をテレビに映し出すためのビデオ出力機能を新たに標準搭載しています。専用ケーブルを用いてPSPRとご家庭のテレビを接続することにより、DVD並みのクオリティで提供されるUMDRVideoの映画・音楽映像をはじめ、「メモリースティック デュオ」に保存した静止画・動画やPSPR専用ゲームソフトウェアなどの各種コンテンツをテレビに出力し、リビングルーム環境でも楽しめることが可能になりました。

読み込時間を短縮

本体にUMDRから読み出したデータを一時的に記憶する機能を搭載し、ゲームプレイ中のUMDRからの読み込み時間が短縮されています。さらに、「プレイステーション 3」やPCなどとUSB経由で接続することにより、データの交換と同時にバッテリーの充電が行えるようになるなど、携帯機器としての利便性が一層向上しています。

ワンセグチューナー

PSP-2000専用オプションとして、「ワンセグチューナー」(PSP-S310)も発売されています。ワンセグチューナーは、従来モデルでは使用できず、ファームウェアのアップデートで対応する予定も無いといいます。
ワンセグは視聴のみのシンプルな機能となっています。番組表および字幕表示はサポートしていますが、データ放送には非対応です。また、録画機能も備えていません。番組表を利用した視聴予約機能も装備していません。
ワンセグ受信はクロスメディアバーのメニューから選択して行ないます。なお、チャンネルや地域設定を保存するため、PSPにメモリースティックDuoが挿入されていないと受信できない仕様になっています。

ダビング10